ヒアロディープパッチはおでこに貼ってもいいの?おでこの小じわ対策にも大活躍

ヒアロディープパッチはシワのケアに活躍してくれるアイテムです。

 

目の周りの小じわ、クマ、たるみなどなど、こうしたものに対応してくれるのですが、眼の周りだけなのかしら?おでこのシワなんかには効果がないのかしら?という人もいるはずですよね。さて、どうなんでしょう〜。

 

 

☆ヒアロディープパッチはおでこに貼ってもいい?

 

加齢とともに、お肌のあちこちにできるシワって気になりますよね。
特に気になるのが目の周りなのですが、ほうれい線も気になるし、おでこにできたシワもなんとかならないのかしらと思ってる女性たちは多いのです。

 

ヒアロディープパッチはヒアルロン酸をはじめ、美容成分がマイクロニードルを通して肌の奥まで浸透するように作られています。
それでお肌の奥まで潤いが保たれるようになって、シワを改善、ハリや弾力のあるお肌へとサポートしてくれるものなんですね。

 

それで、目の周りのシワなどに効果ありっていうことなんですが、それだったらおでこに貼っても良いのではないでしょうか。

 

おでこだけではなく、ほうれい線やたるみが気になる部分にも貼ってOKですよ。
その部分にトラブルがあるということは乾燥してる場合が多いですし、やはりお肌の機能が落ちるというのは、栄養分が不足しているっていうことですから、ヒアロディープパッチを貼ってヒアルロン酸をはじめ、美容成分をしっかりと浸透させることで、改善につながっていくはずです。

 

 

☆ヒアロディープパッチの効果的な使い方

 

まず大切なのはヒアロディープパッチを使うタイミングです。
夜寝る前に貼るわけですが、夜の洗顔を終えたあとに普段通り、化粧水、そして乳液や美容液、クリームなどのスキンケアをしましょう。

 

こうしてお肌を整えてから、週に1回のペースでヒアロディープパッチを貼って寝ます。
お肌を整えて潤いのあるお肌のほうが、ニードルが溶けやすく、成分が浸透しやすくなるんです。

 

ただ、化粧水などが肌になじむ前や油分の多いクリームなどを使っている場合、パッチがはがれやすくなるので気を付けてくださいね。

 

 

次に貼り方ですが、ここで気を付けたいのは乾いた手でヒアロディープパッチを扱うということです。
化粧水などでお手入れした後ですから手が濡れていることもありますね。しっかりと水気をふき取ってからパッチを扱うようにしましょう。

 

 

ヒアロディープパッチを気になる部分に貼ってから、薬指と中指の2本で優しくおさえましょう。これは肌とパッチがなじむためです。

 

一晩寝て起きたら、パッチをやさしく剥がしておしまいです。

 

 

難しいことはないですね。
これも週に1度のペースで続けていけば、1か月、2か月過ぎたころには何らかの効果がみられるはずですよ。もちろん、個人差はありますけどね。

 

正しく、そして継続することが健康なお肌への近道になっていくと思いますよ。

 

公式サイトはこちら

ヒアロディープパッチ

https://www.hyalodeep.com/