ヒアルロン酸注射は効果があるの?副作用はない?

ヒアルロン酸は体内にあるものですが、加齢とともに減少していくものです。そこでヒアルロン酸を化粧品などから補給するのですが、もっと早い効果を得たい人たちは、ヒアルロン注射を打つ人もいるんですね。
このヒアルロン注射って効果があるんでしょうか?副作用はどうなんでしょう?

 

 

☆ヒアルロン酸注射でこんな効果が

 

ヒアルロン酸注射でバストアップが可能です。
通常のバストアップ施術は、シリコンや食塩水などを使った手術をすることが多いのですが、ヒアルロン酸を注入するには注射だけなので、日帰りでも十分に施術を受けることができますね。

 

またヒアルロン酸はもともと体の中にある成分なので、アレルギー反応や拒否反応などを起こしにくく、体への負担が少ないというメリットがあります。

 

もちろん、バストアップだけではないですね。
顔のシワやほうれい線などが気になってる人は、そうした部分にヒアルロン酸を注入すると、すぐに効果を感じることができます。
注入後すぐにお肌のハリが違うのが分かるからです。

 

また、関節にある関節液にもヒアルロン酸が多く含まれているのですが、このヒアルロン酸が減少することで、クッションの役割をしている関節液が少なくなり、関節のトラブルが生じるのですね。
この関節にヒアルロン酸の注射をすると、痛みがすぐに和らぐそうです。

 

 

☆体に害はない?副作用は?

 

もともと体の中にあるヒアルロン酸ですから、外部からの注入で特に副作用があるというわけではなさそうです。

 

ただ、注射針による内出血が起きたり、腫れやむくみなどが伴ったりすることもあるようです。
比較的安全なヒアルロン酸注射だといわれていても、やはり大なり小なりのリスクは抱えているということを頭においてほしいですね。
そのうえで、医師の説明も良く聞いて、打つかどうか決めたらよいと思います。

 

また、デメリットとして挙げられているのが、持続性の問題です。
ヒアルロン酸を注射すると、1〜3年はその効果が持続するのですが、時間とともに、そのヒアルロン酸は体内に吸収されてしまいます。

 

ハリのあるお肌になったと思ったら、1年後にはまた元通りなんてことにもなりかねません。要するに、定期的なメンテナンスが必要になってくるということです。
そのたびに注射をするという方法もありますが、費用もかかることですから、地道に化粧水などでヒアルロン酸を補給するのも安全で良い方法ではないかと思いますね。

 

ヒアルロン酸注射のメリット・デメリット、理解いただけたでしょうか?
良く考えたうえで、打つかどうかは自分で判断するのが一番ですよ。

 

ヒアロディープパッチの口コミ評価まとめ