シワ対策の化粧品の正しい選び方とは?

小じわ対策の化粧品を買いたいけど、どれを選んでいいのかよくわからないっていう声も多いですよね。
実はしわにも、タイプがあるんです。そのタイプ別に合わせて化粧品も選ばないと、逆効果になってしまうこともあるんです。正しい化粧品の選び方、こちらでご紹介しましょう。

 

 

☆浅い小じわ対策に

 

目元や口元に多くできる浅いシワ。乾燥が原因でできることが多いですね。
こうしたシワ対策には、もちろん「保湿」が重要になってきます。
保湿効果の高いものを選ぶと良いですね。

 

ところで、その保湿効果の高い成分はというと、
セラミド・ヒアルロン酸・NMFなどがあげられます。

 

セラミドはいろんな種類がありますが、セラミド1やセラミド6などといった数字がつくセラミドだと肌によくなじみやすいので効果が期待できますね。
ヒアルロン酸も保湿効果の高い成分です。お肌のバリア機能も高めてくれるので、潤いを保ちやすくなりますね。

 

そしてNMFというのは、お肌の水分を保つために必要な成分なのです。お肌にの中にあるものなのですが、加齢とともに減っていくので、外からの補給も必要になってきますね。

 

 

☆深いシワには?

 

深いシワとはどんなところにできるんでしょう?
これは、眉間やおでこ、頬などにできる深いシワのことを言います。目元の小じわとはちょっと違うのも目で見てわかりますよね。

 

こんなシワの原因は乾燥というよりは、コラーゲンの不足なのです。
なので、深いシワの対策には、コラーゲンをたっぷり補給できる化粧品がおススメになります。

 

深いシワに有効な成分は、レチノール・ビタミンC誘導体・ナイアシンなどがあげられます。

 

レチノールはビタミンA由来の成分で、コラーゲンを増やす働きがあります。
ビタミンC誘導体は美白効果をはじめ、お肌にハリを与えてくれますね。
そしてナイアシンはお肌の代謝を活発にして、ハリを与えてくれます。

 

こうした成分を含む化粧品を選ぶと良いのですが、コラーゲンの減少は実は加齢だけではなく、紫外線や喫煙、ストレスや睡眠不足によっても起きるのです。
なので、日常生活で、ストレスをためないとか、生活習慣を見直すことで、コラーゲン減少を防ぐことも大切になってきますね。

 

 

☆表情シワ

 

もう一つのシワのタイプは表情によってでてくるシワです。
これは笑ったり怒ったり、悲しんだり、泣いたりなどなど、いろんな表情を作るのですが、その表情を作るときのクセで出てくるシワなのです。

 

いつも悲しかったり、眉間にしわを寄せていると、本当にしわができてしまうなんてこともありますよね。

 

こうしたシワの場合には、表情のクセに気を付けるということが処方薬になります。
鏡を見て、自分の表情のクセをチェックしてみるとわかりやすいかと思います。同時にシワができにくいように、保湿効果の高い化粧品などを使いながら、顔のエクササイズなども効果がありますよ。

 

さて、あなたのシワのタイプはどれでしょう?
全部当てはまるってこともありますよね。紹介した有効成分を頭に入れて、自分に合う化粧品を選んでみましょう。

 

ヒアロディープパッチは楽天で買うのが一番お買い得?